シミ予防

数年後に差がつくシミ予防

実年齢より若く見えたら嬉しいですよね。世の女性たちの悩みは老けて見られるようになること、老化にあります。1年1年と肌の悩みの増えていきます。年老いることを避ける事はできませんが肌の美しさは保つことができます。

 

大きなシミが頬に広がらないうちから予防と対策を怠らないようにしましょう。紫外線による肌へのダメージは思いのほかに大きなものです。シミの被害はその日のうちに目に見えて分かるものではありません。

 

時間を経て表に現れるシミにこそ気をつけていきましょう。それではシミを作らないようにするために最適な対策とはなにか?極端に言えば日差しに当たらないように過ごすことが大切です。

 

しかし、生活するうえで屋内に篭もりがちになってしまうことは心身的、美容によいことではありません。太陽光に当たることで人間に必要不可欠な要素、ビタミンDを体内で生合成することができます。ビタミンDは人体の骨や歯の形成に欠かせない要素です。

 

さらに、体内時計を調整して乱れがちな自律神経をよくして乱れがちなホルモンバランスを正常にもどす役割もあります。そのためには日差しが強まる早朝に太陽光を浴びることが重要です。

 

しみを作りたくないならばしっかりとしたUV対策をしておきましょう。しみ、そばかすの表れやすい部分に日焼け止めクリームを忘れずに塗るように心がけましょう。

 

毎日、美白のスペシャルケアができればいいですが、手軽に使える化粧水やオールインワンゲルなどを美白効果があるものに変えるだけでも予防には役立ってくれますよ。

 

美肌への道は一日にならず。紫外線のダメージを軽減させることで将来表れてしまうシミを予防していきましょう。

 

摩擦でしみになることも

 

顔ではなく、体にシミができる、そういう方は服の繊維の摩擦が要因のことがあります。また、洗剤によるアレルギーも問題です。皆様、体のどこにシミが出来やすいでしょうか。女性の場合、胸元、背中、肩等の場合は、下着が要因のこともあります。

 

下着には化学繊維のレースなどがついていることが多いです。またホックなどもありますので、金属アレルギーの心配もあります。対策としては手で洗って陰干しする、サイズがあっていてずれない下着を選択する、古くなった下着は使わないということが大切です。

 

また、ニットなどは必ず中に綿などのシャツを着ておくことも大切です。編むという技法は織るよりも、起伏が出やすくなります。また、アンゴラやモヘアなどは毛足が長いので肌がこすれやすいのです。また金属糸が入った服などは摩擦と同時に、汗等で微量の金属がとけ出すことが多く肌に負担がかかって、シミができる要因になります。

 

また、洗剤や柔軟剤はきちんと流しましょう。香り付のものはもっといい匂いにしようと思って沢山入れる方が多いですが、界面活性剤等が入っています。着色料や漂白剤なども入っていますので肌の保護という観点から言いますと使いすぎない方が、いいのです。

 

重曹など比較的刺激の少ないものでも黄ばみなどは取れるのです。水温を上げて洗うと、汚れが落ちやすくなります。肌着などは白を選択しておくと漂白ができます。黒は老化しやすい色と言われていますので要注意です。