色白 シミ

色白だとシミができやすい?肌と色素の関係

色白の人にはシミができやすいのでしょうか?結論から言うとYESです。色白の方はとても残念なのですがシミができ始めるのが早いことが多いのです。

 

そうはいっても色の白い=日焼けに弱いという白人の方でも子供の頃からずっとそばかすだらけという人もいれば、大人になってもシミができにくいという場合があります。

 

結局は遺伝であったり、紫外線を浴びやすい環境で日中過ごしているとかで変わってくることなので、美白化粧品でちゃんとスキンケアをしていけば予防したり薄くしたりすることは可能です。

 

人間は住む場所によって、肌の色が違います。私達日本人は茶や黒の髪を持ちやや黄色がかった肌、もしくはややくすんだ青の肌を持ちます。これはモンゴロイドの特徴です。

 

この肌の色を決めるのは、シミの要因のメラニン色素です。私達の住む日本は縦に長く気候は温帯と亜熱帯です。紫外線は細胞を破壊します。ある程度は免疫力上昇、そして体内時計のリセットに役立ちます。

 

動物は好んで日に当たりますが、猫などは紫外線による化学反応によって、ビタミンD等作っています。でも、彼らには毛皮がありますが、人間は退化していますので紫外線が肌に直接きます。その時に細胞を守るために肌に出てくるのがメラニン色素です。シミも日焼けも同じメカニズムです。

 

金髪碧眼の白人の観光客はよくサングラスをしています。ファッションと言うこともありますが、目にメラニン色素が少ないため、日本の夏の日差しはまぶしいのです。彼らが日焼けしますと気の毒なことに因幡の白うさぎのように赤くなります。メラノーマというほくろや目のがんや皮膚がんは私達より多いのです。

 

もっと南に行きますと、黒人が多くなります。赤道の日差しに耐えるためです。実は日本人はシミが出やすく、なおかつ目立ちます。肌の中のメラニンを作る色素が多く、肌が白っぽいので色素が出やすいのです。肌が黒い方がシミは気になりません。ファンデーションを日本人はよく塗るのですが他国の方はデイクリーム等だけだそうです。

 

シミの解決法いろいろ

 

今や美白化粧品とシミ対策の化粧品は、どこでも買えて、人気があります。日本人の女性のイメージとして、豊かな黒髪に、白い肌と言うものがあります。平安時代は特にそうです。お能の小面と言う若い女性は白く塗ったお化粧が目立ちます。

 

伝統的に日本では肌の美しさを保ち、シミを無くすために様々な物を使っていました。有名な物は、鶯のふんです。ぎょっとする方もいるでしょうが、酵素という化学反応を手伝う物質が多くあるのです。緑青がわいた十円玉にタバスコをかけますと、元に戻ります。酸化還元という化学反応です。鶯のふんはシミに対して有効です。

 

今、私の手許には純粋な椿油があります。混ぜ物が入っていますとかぶれてしまいますが食用に出来るほど純粋な物は髪や肌の手入れに使えます。皆様、お茶が美白にいいという事は御存知でしょうか。石鹸もあります。

 

正式名称はカメリアシネンシス、椿の仲間です。葉を使うか実を使うかは別ですが。お肌に合う方は、メイク落としに使うとシミ予防にはいいです。強いクレンジング剤よりも肌の修復力が高いのです。ただ、使いすぎますとニキビの要因になってしまいます。

 

後は、繭ですね。絹の原料を作る蚕の吐き出した糸ですが、繊維が細かくあたりが柔らかいのです。水で濡らしてそっと肌を撫でますと、古い角質や汚れをとってくれます。後は米ぬかなどもビタミンが多く伝統的に使われ、今も化粧品に使用されています。貴族にあやかってシミを撃退しましょう。